桶谷式とは

桶谷式乳房治療手技(乳房マッサージ)は、故桶谷そとみ先生が考案されたものです。

第二次大戦中、助産師として仕事をしていた満州で、栄養状態が悪いために命を失う乳児を目の当たりにし、 試行錯誤の中であみだしたのが桶谷式乳房治療手技です。
この手技によって多くの赤ちゃんの命が救われました。

この手技は、昔から行われている痛いマッサージとは違い、乳房の基底部の伸展性を良くして、 良質なおっぱいをスムーズに出す独自のマッサージです。

故桶谷そとみ先生は、研修によって一定の技術レベルに達した者を、桶谷式認定者とする認定制を採用し、 桶谷式乳房管理法研鑽会を組織しました。

現在は、東京都新宿区の「桶谷式乳房管理法研修センター」で認定者の育成を行っています。



メインメニュー



リンク




モバイルサイト


スケジュールの閲覧や
再診予約ができます!